にじいろについて

放課後等デイサービスとは?

障がいのある子どもたち(療育が必要と認められる)に対し、授業の終了後または休校日に施設において生活能力向上のために必要な訓練や社会との交流促進活動を実施する場所です。
小学生から高校生の就学している障がい児を対象とし、放課後や長期休暇中においての療育の場(日常生活動作の指導、集団生活への適応訓練等)であるとともに、放課後等の居場所、また、ご家族に代わり一時的にケアを代替することで、日々の疲れ等をリフレッシュしてもらう家族支援サービスとしての役割も担っています。

利用規定

  1. 1日の利用定員は10名です。
  2. サービス提供日は月曜日~土曜日および祝日になります。
  3. 学校にお迎えに行き、帰りは自宅までお送りします。
  4. 利用日は曜日固定で、市町村で決定した日数になります。
    (夏休み等、長期休校日のスポット利用も可能です。※要相談)
  5. 知的障がい、発達障がい、身体障がいの児童がご利用対象になります。
  6. 利用料は児童福祉法に基づき、市町村が決定する利用者負担額と教材等の実費が必要です。

ご利用時間(お子様のお預かり時間)

営業日 月曜日~土曜日(12月30日~1月4日を除く)
平日 13:30~17:30(送迎時間を除く)
学校休業日 11:30~17:30(送迎時間を除く)

営業時間

営業日月曜日~土曜日(12月30日~1月4日を除く)
通常 10:00~19:00
学校休業日 9:00~19:00

にじいろのこだわり

にじいろグループでは個別療育・集団療育・外出療育・食育の4つの柱で構成しております。

個別療育

学校を卒業と同時に就労への移行される方も多いと思います。
そんな将来の就労を目指し「おしごと」の時間とし手先の訓練や 時間内で集中して作業を行う訓練等を致します。 その他制作の課題や宿題等の時間も設けております。

集団療育

同じ施設内で学年の違うお友達と同じ時間を過ごす中で、 協力し合うことや協調性を持つことなど社会性も一緒に学んで頂きます。

外出療育

夏休みは川・山へのデイキャンプ(BBQ)、土曜日は科学館や工場見学・遊園地など 平日はクッキングで使うお買い物をしながら金銭の授受を養う為など社会との交わりを積極的に増やしています。

食育

「切ったり」「混ぜたり」「焼いたり」など段取りを考えながら 毎日頭を使ってクッキングすることは非常に脳に良い事だと存じております。 また、皆で作って皆で食す事も大切なコミニュケーションの一つと考えております。

その他様々イベント・レクリエーション・年中行事は行っております。
(夏祭り(縁日)・お餅つき大会・クリスマス会などなど)

※ 全てではございませんが、保護者さまのご負担にならないように、「イベント・レクリエーション」や「お出かけ」にかかる費用はなるべくにじいろが負担させて頂きますのでお子様はもちろん、ご家族ご一緒に安心して参加して頂けます。

放課後等デイサービスご利用までの流れ

お問い合わせ
お電話、メールまたはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
ご見学および面接
保護者の方もしくはお子様もご一緒にご来所頂き、施設やサービスのご案内、お子様の状態やご要望の確認を致します。
受給者証の発行手続き
受給者証をお持ちでない場合は、お住まいの地域の障害福祉窓口(区市町村/役所)にて、利用申請を行い、放課後等デイサービスの支給決定を受けてください。
ご契約およびご利用開始
保護者との面談を基に、一人ひとりの子ども合わせた個別支援計画を作成させて頂きます。

ページトップへ